ビザ申請の注意点

① サポート・ドキュメンツの適切な選択

 先日、アメリカの移民法弁護士とお話ししていたときに、彼がよく口にした言葉が、

 この「サポート・ドキュメンツ」です。

 そう、ビザ申請においてはこのサポートドキュメンツとして何を提出するかが、

 許否の鍵を握っているといっても過言ではありません。

 

 「サポート・ドキュメンツ」とは、のちにご説明する関連事実(relevant facts)を

 切り分けた上で、要証事実についての証明をサポートする書面で、補助書類とでも

 訳されるべきものです。

 

 勘違いをされている方がとても多いのですが、入国管理局が教えてくれるビザ申請

 に必要とされる書類は、最低限その書類があれば受理するというボトムラインを示し

 ているに過ぎません。実際には、それらをサポートする書面が必要であり、これが

 サポートドキュメンツです。

 

  サポート・ドキュメンツは、例えば、申請をする外国人の日本人配偶者が無職に

 なってしまった場合に、在留資格「日本人の配偶者」の更新の際、日本人配偶者

 について提出する様々な書類・・・などがあげられますが、これは、在留資格

 「日本人の配偶者」の更新の際に必要な書類として入国管理局が最低限必要な書類に

 あげられているものではありません。

 

  サポート・ドキュメンツは、入管専門の行政書士や、海外の移民法弁護士が、

 個々の事案に沿ってセレクトするもので、長年の経験と法的スキルによって判断

 されます。

 

② 関連事実(relevant facts)の適切な抽出

 ビザ申請を専門とする行政書士には、多くの在留資格に関するご相談がもちこまれます。

 

 国際行政書士は、クライアントのお話しの中から、法的に意味のある関連事実(relevant facts)

  を切り分けて、それと入管法や入管内部の規則・通達とを照らし合わせ、適切な申請書類の

 完成形をイメージするという作業を、瞬時のうちに行っています。

 

 これら関連事実(relevant facts)の見落としがあれば、立証事実にも影響が出て、

 当然、ビザ申請の許否に大きな影響が出てしまいます。

 

在留資格の申請は、

信頼と実績のアルファサポート行政書士事務所

銀座線・溜池山王駅 徒歩4分

南北線・六本木一丁目駅 徒歩4分

 弊社のビザ申請に特化したホームページはこちら >>

 

 メールでのお問合せはこちら >>

 

弊事務所 報酬

在留資格認定証明書交付申請 金8万4000円~

在留期間更新許可申請 【通常】金4万2000円~

  ☆更新 当サイト【特別価格】金2万9800円~

在留資格変更許可申請 金8万4000円~

 

 

 

ご依頼はこちら・・・

メモ: * は入力必須項目です