入管局

アルファ・サポート行政書士事務所

代表者行政書士

佐久間 毅 (さくま たけし) 

 

   慶應志木高等学校、慶應義塾大学法学部を経て、証券株式会社に入社。

   長野県松本支店の営業マンとして、社会人生活をスタートいたしました。


   支店の責任者が雪国出身の大変厳しい方で、気温マイナス13度の極寒の中、コートを

   着ずに営業をしてまわり、あまりの寒さに公衆トイレで暖をとったことなど、今となっては

   とてもよい思い出です。


   その後、東京本社に転勤となり、総務部、総合企画部、ファンド事業部等で研鑽を積み

   ました。

   企画部時代は、個人情報保護法施行に伴うプロジェクト責任者、証券仲介業導入の実務

   レベルの責任者、ファンド事業部のバックオフィス責任者など、数多くのやり甲斐のある仕

   事を任せていただきました。


   しかし、元来、スペシャリスト志向であったため、都内大手司法書士事務所に転職。

   裁判実務、登記実務の経験を積みました。


   障害者手帳をもらえないほどの軽度ではありますが、軽い障害をもって生まれた影響も

   あり、幼い頃から社会的マイノリティの側に立つメンタリティを養いました。

   
   また、高校生の時に米国コロラド州でホームステイをさせてもらった家庭にとても良くして

   いただいたため、日本に在住する外国籍の方のお役に立つことで、少しでもご恩返しが

   できればと考えております。


   学生時代、当時上智大学で教鞭をとられていた国際法の権威、山本草二教授の講義に

   (単位にならないにもかかわらず)通いつめて以来、一貫して国際法務を学び続けてきま

   した。


   外国籍の方にとって、日本は異国の地であり、文化・習慣・言語、さまざまな点で困難な

   場面に直面されることと思います。とくに法律は、日本人であっても読みこなし理解する

   ことが大変むつかしい分野です。


   行政書士は、昔、代書人と呼ばれる職業でした。弁護士が代言人と呼ばれていた時代

   の話です。日本人の識字率はその後向上し、いまや本来の意味での代書人を必要とさ

   れる場面は大幅に減っているようにも思われます。


   しかしながら、外国籍の方にとって、日本語で記述された法律を理解し、ご自身の権利を

   主張し、行政に許可を求めて申請することは、今なお困難な事業であり続けています。


   私は、代書人としての行政書士の役割は、日本語でのコミュニケーションをフルエントに

   行うことができない外国籍の方をサポートさせていただく活動を典型として、今日でも重要

   な意味をもっていると確信しております。


   日本は法治の国家です。行政書士にお任せ頂いても、黒のものが白になるわけではあり

   ません。しかしながら、白のものが常に白とすんなり認められない場合もあるのが現実で、

   外国籍の方がご自身の正当な権利を主張する際に、アルファ・サポートが、少しでもお役

   に立てれば、と願ってやみません。


   そのためには、私自身が日々、法律の勉強と情報の収集に励み、その成果を皆さまに

   享受していただかなければなりません。その努力を今後とも続けていくことを、皆さまに

   お約束いたします。

 

 

ご依頼はこちら・・・

メモ: * は入力必須項目です