在留資格認定証明書不交付通知書

在留資格認定証明書不交付通知書

東京のビザ申請の専門家アルファサポート行政書士事務所が、在留資格認定証明書不交付通知書についてお伝えします!


在留資格認定証明書の申請が不許可になってしまった貴方へ

ステップ1:原因の把握

在留資格認定証明書の申請が不許可になってしまった方は、なぜその申請が不許可になったのかその原因を把握することが大切です。

在留資格認定証明書の交付申請は手数料は払いませんが、その労力を考えれば、申請をされたからには勝算がおありだったはずです。

しかし冷静に振り返ってみて、在留資格の許可要件を本当にクリアしていたか確認しましょう。もし在留資格の許可の要件に合致しているのにもかかわらず不許可になったとすれば、立証がうまくいかなかったということです。証拠が不十分だったのか、証拠は十分だったが説明がうまくなかったのか、状況は皆様さまざまですので、ご自身の場合はなにが原因だったのか把握してください。

ステップ2:再申請の可否

在留資格認定証明書交付申請が不許可であったとしても、再申請をすることは可能です。しかも時期に制限はありませんので、極端な話、不許可通知を受け取った次の日に再申請をしても制度上は構いません。申請時にも許可の条件はクリアしていたものの立証が不十分だったという場合には、不許可通知受領の次の日の申請もありえないことではないでしょう。

しかしながら、不許可にはそれなりの理由があったと考える場合には、その理由を解消してから再申請をしなければ同じ不許可の結果を得るだけです。従って、どのタイミングで再申請をするのかは、不許可理由によることになります。

お客様の在留資格がぞくぞくと許可されています!

在留資格認定証明書不交付通知書

配偶者ビザのノウハウ満載!

在留資格

配偶者ビザの再申請をお考えの方は、配偶者ビザのノウハウ満載の専門サイトで情報収集!>>配偶者ビザ

就労ビザのノウハウ満載!

就労系在留資格

就労ビザの再申請をお考えの方は、就労ビザのノウハウ満載の専門サイトで情報収集!>>就労ビザ


在留資格認定証明書不交付通知書に関するQ&A

Q 在留資格認定証明書交付申請が不許可となってしまいました。どうすればよいですか?

A まず、不交付理由をきちんと把握しましょう。不交付の理由によっては、再申請が可能です。

東京のアルファサポートには、全国からご相談者がお見えになります。

在留資格認定証明書不交付通知書

弊事務所にご依頼いただいたお客様がご自身で申請し、不許可となった際の「在留資格認定証明書不交付通知書」。

 

東京の弊事務所には、全国からご相談者がお見えになります。この不交付通知書は名古屋入管のものです。

在留資格認定証明書不交付通知書

【対策1】 不許可事由の除去

【対策2】 申請書類の工夫

在留資格認定証明書不交付通知書

再申請のご相談は、信頼と実績のアルファ

配偶者ビザのノウハウ満載!

在留資格

配偶者ビザの再申請をお考えの方は、配偶者ビザのノウハウ満載の専門サイトで情報収集!>>配偶者ビザ

就労ビザのノウハウ満載!

就労系在留資格

就労ビザの再申請をお考えの方は、就労ビザのノウハウ満載の専門サイトで情報収集!>>就労ビザ