家族滞在ビザ 必要書類

>>在留資格「家族滞在」の必要書類

家族滞在ビザの、在留資格認定証明書交付申請、在留資格更新、在留資格変更は、

皆様がおかれている状況に応じて、様々に書類をアレンジする必要があります。

 

実績豊富なビザの専門家、東京都内のアルファサポート行政書士事務所が、

皆様の申請をお手伝い致します。

 

 弊社のビザ申請に特化したホームページはこちら >>「家族滞在ビザ

 

 メールでのお問合せはこちら >>

 

家族滞在ビザ 必要書類

家族滞在ビザの【認定】:必要書類

【1】 家族滞在ビザの認定(ゼロからの取得)に

    最低限必要な書類

       注意1: この書類があれば、受理はされるという最低レベルの書類ですので、

             当然、この書類をそろえたから、認定が許可されるというものではございません。

       注意2: 下記、必要書類に変更がないか、必ず入管にご確認ください。


     1 在留資格認定証明書交付申請書 1通

     2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉

     3 返信用封筒 1通

     4 次のいずれかで,申請人と扶養者との身分関係を証する文書
       (1) 戸籍謄本 1通
       (2) 婚姻届受理証明書 1通
       (3) 結婚証明書(写し) 1通
       (4) 出生証明書(写し) 1通
       (5) 上記(1)~(4)までに準ずる文書 適宜

     5 扶養者の在留カード又は旅券の写し 1通

     6 扶養者の職業及び収入を証する文書
       (1) 扶養者が収入を伴う事業を運営する活動又は

         報酬を受ける活動を行っている場合
          a.  在職証明書又は営業許可書の写し等 1通
          b.  住民税の課税証明書及び納税証明書 各1通
 
       (2) 扶養者が上記(1)以外の活動を行っている場合
          a.  扶養者名義の預金残高証明書又は給付金額及び給付期間を

            明示した奨学金給付に関する証明書 適宜
          b.  上記aに準ずるもので,申請人の生活費用を支弁することができる

            ことを証するもの 適宜

 

【2】 家族滞在ビザの認定が不許可になったら・・・

    アルファ・サポート行政書士事務所には、家族滞在ビザの在留資格証明書認定証明書

    交付申請が不許可になったという案件が多く持ち込まれています。

 

    この場合は、在留資格「家族滞在」の資格該当性を、入管法のみならず、入管の内部

    規則も含めて詳細に検討し、不許可事由の除去等の取り組みが必要となります。

 

 

 

【3】 家族滞在ビザの在留資格認定証明書交付申請

            弊社報酬  金8万4000円~

 

 弊社のビザ申請に特化したホームページはこちら >>「家族滞在ビザ

 

 メールでのお問合せはこちら >>

 

ちょっと難しいと感じたら・・・

品川駅から7分、横浜駅から13分のアルファサポート

 

 

家族滞在ビザの【更新】:必要書類

【1】 家族滞在ビザの更新に最低限必要な書類

       注意1: この書類があれば、受理はされるという最低レベルの書類ですので、

             当然、この書類をそろえたから、更新が許可されるというものではございません。

       注意2: 下記、必要書類に変更がないか、必ず入管にご確認ください。

 

     1 在留期間更新許可申請書 1通

     2 写真(縦4cm×横3cm)1葉

     3 パスポート及び在留カード又は在留カードとみなされる外国人登録証明書 提示

     4 次のいずれかで,申請人と扶養者との身分関係を証する文書
      (1 ) 戸籍謄本 1通
      (2 ) 婚姻届受理証明書 1通
      (3 ) 結婚証明書(写し) 1通
      (4 ) 出生証明書(写し) 1通
      (5 ) 上記(1)~(4)までに準ずる文書 適宜

     5 扶養者のパスポート及び在留カードの写し 1通

     6 扶養者の職業及び収入を証する文書
      (1 ) 扶養者が収入を伴う事業を運営する活動

         又は報酬を受ける活動を行っている場合
        a.  在職証明書又は営業許可書の写し等 1通
        b.  住民税の課税証明書及び納税証明書 各1通

      (2 ) 扶養者が上記(1)以外の活動を行っている場合
        a.  扶養者名義の預金残高証明書又は給付金額及び

          給付期間を明示した奨学金給付に関する証明書 適宜
        b.  上記aに準ずるもので,申請人の生活費用を支弁することができる

          ことを証するもの 適宜

 

 

【2】 家族滞在ビザの更新が不許可になりやすい場合

    a. 資格外活動の違反がある

    b. 身分関係が変化した

    c. 生計の維持が困難である

 

  弊社のビザ申請に特化したホームページはこちら >>「家族滞在ビザ

 

  メールでのお問合せはこちら >>

 

 

ちょっと難しいと感じたら・・・

品川駅から7分、横浜駅から13分のアルファサポート

 

 

家族滞在ビザの【変更】:必要書類

【1】 家族滞在ビザへの変更に最低限必要な書類

       注意1: この書類があれば、受理はされるという最低レベルの書類ですので、

            当然、この書類をそろえたから、変更が許可されるというものではございません。 

       注意2: 下記、必要書類に変更がないか、必ず入管にご確認ください。

 

     1 在留資格変更許可申請書 1通

     2 写真(縦4cm×横3cm)1葉

     3 パスポート及び在留カード又は在留カードとみなされる外国人登録証明書 提示

     4 次のいずれかで,申請人と扶養者との身分関係を証する文書
       (1 ) 戸籍謄本 1通
       (2 ) 婚姻届受理証明書 1通
       (3 ) 結婚証明書(写し) 1通
       (4 ) 出生証明書(写し) 1通
       (5 ) 上記(1)~(4)までに準ずる文書 適宜

     5 扶養者のパスポート及び在留カード 1通

     6 扶養者の職業及び収入を証する文書
      (1 ) 扶養者が収入を伴う事業を運営する活動又は

         報酬を受ける活動を行っている場合
        a. 在職証明書又は営業許可書の写し等  1通
        b. 住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書 各1通

      (2 ) 扶養者が上記(1)以外の活動を行っている場合
        a. 扶養者名義の預金残高証明書又は給付金額及び

         給付期間を明示した奨学金給付に関する証明書 適宜
        b. 上記aに準ずるもので,申請人の生活費用を支弁することができる

         ことを証するもの 適宜

 

 

【2】 家族滞在ビザへの変更が不許可になりやすい場合

 

    認定、更新の不許可になりやすい例を参考になさってください。

 

   弊社のビザ申請に特化したホームページはこちら >>「家族滞在ビザ

 

   メールでのお問合せはこちら >>

 

ご依頼は、こちらから・・・

メモ: * は入力必須項目です

家族滞在ビザの必要書類にお悩みなら・・・

実績と信頼のアルファサポートで解決!